viエディタの操作マニュアル

QUBEでは、各種コンフィグファイルを書き換える場合、一般的にrootでtelnetログインし viエディタを使用します。ただ、この操作を行った場合QUBEが正常に動かなくなる可能性があり 大変危険です。メーカーの保証もされなくなりますので自己責任で行ってください。

尚、うまく行った場合もQUBE独自のGUI設定と連動されない場合もありますので必ずバックアップを取ってください。

viの起動
コマンドラインから、vi ファイル名
と入力することで起動します。

viの基本的な操作
viは、機動的にはコマンドを入力するモードになっています。カーソルの移動 はこのモードで行います。iやaで文字を入力するモードに入り、入力が終わったら escキーを打ってコマンドモードに戻ります。

キー内容
hまたはCtrl-Hカーソルを1文字分左に移動
lカーソルを1文字分右に移動
jカーソルを1文字分下に移動
kカーソルを1文字分上に移動
Ctrl-F1画面分上スクロール
Ctrl-B1画面分下スクロール
iカーソルの左側に文字列を入力するモードへ(Escキーで終了)
aカーソルの右側に文字列を追加するモードへ(Escキーで終了)
xカーソル位置の1文字を削除
ddカーソル行を記憶して削除
yyカーソル行を記憶
p「dd」や「yy」で記憶した行をカーソル行と次の行との間に挿入
P「dd」や「yy」で記憶した行をカーソル行と前の行との間に挿入
ZZバッファをセーブして終了
:W[Enter]バッファをセーブ
:q![Enter]バッファをセーブせず終了
n同じ検索を繰り返す

入力モードでは、Ctrl-Hがバックスペースの働きをします。viはカーソル の動き方がやや独特ですが、慣れれば気にならなくなると思います。

CLUB QUBE TOP に戻る